組織構成

1.設立趣旨

当県民会議は、事業者、県民又は民間団体が自発的に行う暴力排除活動の中核としての役割を担い、暴力団等反社会的勢力による不当な行為を防止し、及び被害の救済を図るために必要な事業を推進することにより、あらゆる暴力を追放し、もって暴力団のいない安全で明るく住みよい秋田県の実現に寄与することを目的として設立された公益財団法人です。

2.沿革

●平成3年8月1日
財団法人暴力団壊滅秋田県民会議を設立。
●平成4年4月22日
「暴力団による不当な行為の防止等に関する法律」に基づき、秋田県公安委員会より「秋田県暴力追放運動推進センター」に指定される。
●平成4年12月15日
秋田県知事より「特定公益増進法人」の認定を受け、以後2年ごとに更新。
●平成23年4月1日
秋田県知事より、公益財団法人の認定を受け法人名称を「公益財団法人暴力団壊滅秋田県民会議」に改称する。

3.基本財産

当県民会議の基本財産は、秋田県及び県内各市町村からの出捐金、民間団体等からの拠出金などで約5億8,000万円です。

4.組織構成

「県民会議」は、警察や弁護士会など、関係機関・団体と緊密な連携を図りながら活動しています。
「県民会議」の活動は、暴力追放推進委員や賛助会員など、多くの皆様のご支援とご協力に支えられています。